e-塾選び いい塾や予備校にめぐり合うなら、情報集めと塾・予備校の基礎知識の勉強から。
「e-塾選び」は全国の塾・予備校情報を掲載した、塾を探すためのサイトです。
表紙へ戻る
保護者様へためになる情報
塾を探す
いい塾にめぐり合う方法
塾探しから入塾までの流れ
塾の比較
家庭教師・塾・予備校との比較
大手と小規模塾の比較
個別指導と集団指導の比較
授業料の比較
塾を知る
塾・講師との接し方
Q&A
塾をもっと知る本
塾をもっと知るリンク集

地域で探す
学年・指導形態で絞り込む
対象学年
幼児 小学生
中学生 高校生
指導形態
集団指導  個別指導(1〜4人)
検索開始
キーワードで探す
検索

個別指導と集団指導の比較



 

生徒一人一人に親密に指導する方式と、講義形式で多くの生徒に対して指導する方式を比較しました。両者とも授業の内容や生徒の性格やモチベーションにより一長一短があります。


・個別指導
先生一人に対して数人程度の生徒で指導する形式
(当サイトの検索システムでは、1〜4人にしていますが、5〜7名位でも個別指導と呼びます。)

・集団指導
先生一人に対して、10人以上の人数で指導する形式



・個別指導
小規模な塾は個人別に教えてくれるので質問がしやすいというメリットがあります。そうすることで、先生と生徒との間にコミュニケーションも生まれ、大変身近な存在になる。

・集団指導
講師は全員の前に立って講義をしているので、目が届きにくい。そのため、一度遅れてしまうと戻るのに努力が必要になってしまう。



・個別指導
ある程度マニュアルがあるので、先生の質も安定していますが、一人の先生が多くの科目を掛け持ちするのでそれぞれの指導レベルに「むら」があることがあります。しかし、予備校と言うよりは「塾」という雰囲気で、いい講師に当たれば生徒の実力を存分に引き出してくれます。

・集団指導
ある程度決まったカリキュラムと指導方法についてのマニュアルがあり、それに基づいて指導がおこなわれるので、能力がそれほど高くない先生でも、割合よい授業ができます。つまり、塾ではどの先生でも平均的によい授業ができるシステムになっている、ということです。




・個別指導
小規模な塾は個人別に教えてくれるので質問がしやすいというメリットがあります。また、苦手分野を克服するためにも個別指導は大人数制より近道になります。しかし自分がどこがわからないかわかっていないと、結局はありきたりの指導になってしまい、個別の必要がなくなってしまう場合もあります。

・集団指導
大人数制の塾の場合、学力に応じてクラス分けがされているところが多いです。学校の勉強がある程度できていて、同等程度の学力の子供の集まりであって、子供さんの性格に合っていれば、張り合いも出ていいと思います。しかし引っ込み思案で質問ができないような子だと、その日の授業をただノートに書き写すだけの作業になってしまい、それでわかったつもり、勉強しているつもりになってしまう恐れがあります。



AD8,Inc.All Rights Reserved.